家具付賃貸物件は、自分だけの空間を作れる良さがあります

主人の職場は、3年ほど前まで都内と地方に併せて三つほど事務所を構えていました。
しかし、景気悪化もあり都内の事務所を閉めることになりました。
元々主人は、地方事務所での採用でしたので仕事の内容も大きく変わることはありませんでした。
ただ一つ、主人の職場に東京事務所の本部機能が移転することになり、人の移動をすることになりました。
といっても10名満たない職場ですので、引っ越しの作業が必要な人数は3名ほどでした。
3名のうち2名はすぐに引っ越しを完了させることとなったのですが、事務局長だけは都内でも会合があるため、地方と都内の2重生活をすることに。
最初のうちはホテル住まいをしていたのですが、経費がかさむばかりになったので家具付賃貸住宅を賃貸契約したそうです。
最近の家具付賃貸物件は、長く居住するというより一定期間のみ賃貸契約される方が多いそうで、部屋はとてもきれいなんだそうです。
一度お邪魔しましたが、想像以上に家具や電化製品が新しいものを設置してあってびっくりしました。
私は結婚する前に、仕事の関係で一カ月ほど北海道でマンスリーマンションを借り住んだことがあります。
その際も、こんなにも設備が充実しているんだと思い、驚きました。
住まいは想像以上にとても快適でした。
ホテル住まいだと、掃除はしてくれますがいつも誰かに見られている感じがあります。
しかし、アパートやマンションを賃貸契約すれば同じような空間を自分用にカスタマイズできます。
そういった面からも家具付賃貸物件は、仕事や家の建て替えなど短期間の住居を求めている人には最適な物件だと思います。

Leave a Reply