マンション経営で不安なことと言えば

マンション経営で不安なことと言えば、空き室のリスクということになるのではないだろうか。

このことは、誰にもわからないことであるが、それでも、経営をしたいと言う人はどのような自信があるのか聞いてみたくなる。

しかし、そんなノウハウを教えることもないと思うので、結果的に知ることはできないことだろう。

なかなか、今のご時世はなかなかギャンブルをすることができないと思うかもしれないが、何もしなくても衰退するだけだ。



マンション経営は、どこに建てるかということも大事かということはだれでもわかるのであるが、それでも、自分はここは便利だと思うところは、ほかの人も便利と思うかどうかはわからないということになるであろう。

それでも、マンションを経営する人は、いくつか建てていることが多いと思うので、全てが上手くいくというよりはトータル的に経営がうまくいくようにできればそれでいいということになるのであろう。

頭ではわかるが実践はどうか。



マンションは、空き室のリスクは非常に大きい。

しかし、いつ入るかわからないからといって、値下げをすることも難しいと思うし、かといっても条件を緩和したからと言っても、人が入るかどうかはわからない。

そのために、よく考えながら経営をしなくてはいけないと思うので、安易に判断をしないほうがいいということになるだろう。

最悪なのが、家賃の滞納で支払いが滞る人を居座らせることは言うまでもない。

そこを踏まえて考えよう。

Leave a Reply